強度行動障害とは

query_builder 2021/04/02
ブログ
ばうむはうす

強度行動障害はおもに知的障害や自閉症スペクトラム(ASD)のある人に多く自分や他人、モノなだを傷つけたりするなど、周囲への影響が頻繁に起こるような状態で 特別に支援を必要としている状態のことをさしています。

その特徴として自傷、他害以外に物事への激しいこだわり、極端な偏食、強い多動傾向、などがみられたりします。

こういった傾向は、障害の軽重に関係なく本人の特性と環境が

適合しない場合にみうけられます。

自分の困りを上手く周囲に伝えることができず、

その結果として他人への不信や嫌悪を募らせていき、望ましくない行動へと繋がっていくのであって、当人の性格のみに起因をもとめるべきものではありません。

本人にとっては「自分は○○にこまっている。」というサインであるため、

本人の特性をよく把握したうえで、こうした行動の原因を探っていくことが大切です。

場合によっては環境の変化でかなりな改善が見込まれることも期待できます。


横浜市都筑区

児童発達支援

放課後等デイサービス

 ばうむはうす


NEW

  • ねんど遊び

    query_builder 2023/01/24
  • 雪だるまを作ろう

    query_builder 2023/01/20
  • てきとーな鉄道展へ行ってきました。

    query_builder 2023/01/16
  • 初詣にいきました。

    query_builder 2023/01/05
  • ステンドグラス風工作

    query_builder 2023/01/05

CATEGORY

ARCHIVE